トップ > 本会の活動 > 研修、セミナー

研修、セミナー

「第43回全国助産師教育協議会研修会」のご案内

「第43回全国助産師教育協議会研修会」のご案内[2017.12更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 平成30年2月10日(土), 11日(日)
会場幕張国際研修センター(東都医療大学 幕張ヒューマンケア学部) シンポジウムホール
〒261-0021 千葉県美浜区ひび野1丁目1
スケジュール 2月10日(土)
 13:00〜会長挨拶
 13:20〜15:20 【パネルディスカッション 職人技術の伝承 普遍性と変革】
 15:40〜17:20 【ワークショップ 子宮頸がん検診における検査を助産師教育に取り入れために】

2月11日(日)
 9:30〜12:20 【助産師の職業継続性と岐路そして今・未来 −助産師のキャリア形成と未来】
 13:20〜15:30 【パネルディスカッション 助産師教育における硬膜外麻酔分娩を考る】
 15:30〜16:30 資格専門能力委員会主催 講演会
 16:30 研修会閉会
 ページの先頭へ

「全国助産師学生交流会&講演会」および「学生ポスター発表」のご案内

「全国助産師学生交流会&講演会」および「学生ポスター発表」のご案内[2017.11更新]

主催 全国助産師教育協議会 日本助産学会
今年度の「全国助産師学生交流会&講演会」は、第32回日本助産学会学術集会のプレコングレス5として平成30年3月2日(金)、横浜で開催します。
講演は「妊産褥婦が訴える不調〜整体師の観点から〜」、引き続いて学生交流会は「骨盤ケア」の演習を計画しました。
また、3月4日(日)は学生ポスター発表(学校自慢や、研究発表等)を予定しております。
全国の助産師学生と交流する絶好の機会です。多数の助産学生のご参加をお待ちしています。

「全国助産師学生交流会&講演会」の参加締め切り:平成30年2月初旬 (学術集会への参加登録は不要)
「学生ポスター発表」の登録締め切り      :平成29年12月20日(水)(学術集会への参加登録は必要)

 ページの先頭へ

「平成29年度全国助産師教育協議会 中部地区総会・研修会」のご案内

「平成29年度全国助産師教育協議会 中部地区総会・研修会」のご案内[2017.10更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 平成29年12月9日(土) 10:30~16:30
会場名古屋市立大学看護部(〒467-8601 名古屋市瑞穂区町字川澄1)
501 講義室
スケジュール 10:00〜 受付開始
10:30〜12:30 中部地区総会
12:00〜13:30 昼食・休憩
13:30〜16:30 中部地区研修会
       テーマ:助産師教育にいかす子宮頸がんへの対応
13:30〜15:00 講演:講師 くずやクリニック 院長 葛谷和夫先生
       内容:子宮頸がんの発生機序と検査の方法
15:00〜15:10 休憩
15:10〜16:20 グループワーク:子宮頸がん教育を助産師へどのように生かすか
16:20〜16:30 まとめ
 ページの先頭へ

「平成29年度全国助産師教育協議会 東京地区研修会」のご案内

「平成29年度全国助産師教育協議会 東京地区研修会」のご案内[2017.10更新]

以下の要領にて開催致します。

日時

平成29年12月9日(土) 10:00~16:30

会場

杏林大学 保健学部 看護学科 看護 ・医学 教育研究棟 教育研究棟 2F201教室

スケジュール 10:00 開会
10:05 助産師国家試験 プール問題作成について理解を深める
    (厚生労働省 倉田貴子 氏)
12:05 昼食・休憩
13:30 子宮頸がん −発生・検査 ・結果の解釈−
    (杏林大学 勝又木綿子氏)
16:30 閉会あいさつ
申し込み方法 11月30日までに、氏名、所属、連絡先(E-mailアドレス または TEL)を 明記のうえ、E-mail kensyu1209@ks.kyorin-u.ac.jp に申し込みをお願いします。
申し込み期間 平成29年10月2日(月)〜11月30日(木)(全助協会員校の教員)
平成29年11月1日(水)〜11月30日(木)(その他参加希望者)
参加費 全助協会員校の教員:無料
その他:2000円(資料+弁当代)
定員:50名
 ページの先頭へ

平成29年度「CLoCMiPレベル3認証申請のための研修」のご案内

平成29年度「CLoCMiPレベル3認証申請のための研修」のご案内[2017.7更新]

平成27年度より日本助産評価機構 (http://www.josan-hyoka.org) による助産実践能力習熟段階レベルVの認証が始まりました。認証取得のために必要な研修を東京・大阪の2会場で行ないます。下記の研修を受けることによって、認証申請のための必須研修、ステップアップ研修の修了証を得ることができます。多くの皆様の受講をお待ちしております。

■東京地区(東邦大学看護学部)
平成29年11月12日(日)
■大阪地区(愛仁会看護助産専門学校)
平成29年11月26日(日)

申し込み期間:東京会場は平成29年11月5日まで延長しました。
       大阪会場は平成29年11月18日まで延長しました。


 ページの先頭へ

「平成29年度全国助産師教育協議会 中国・四国地区研修会ご案内」のご案内

「平成29年度全国助産師教育協議会 中国・四国地区研修会ご案内」のご案内[2017.7更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 2017年9月16日(土)11時30分〜16時30分
会場広島国際大学呉チャンパス 2号館 (広島県呉市古新開 5-1-1)
プログラム 11:00 受付
11:30 地区交流会 8階(第 4会議室)
    テーマ「教員・臨床との意見交換会後取り組み」
    *昼食をとりながらの交流会にます。 昼食は用意しております。
12:50 休憩
13:00 研修会 6階(助産学専攻科講義室・実習室)
    開会挨拶 13:05 講演
    テーマ「子宮頸がんの発生機序と検査方法」
14:40 子宮頸がん検査方法演習
15:40 グループワーク
    テーマ「パップスメアの 助産師教育への導入」
16:30 閉会
申し込み方法 8月16日までに、添付の申込書で事務局担当の北村までE-mailにてお申込みください。
申し込み・問い合わせ先:広島国際大学助産学専攻科
事務局 担当:北村 m-kitamu@ns.hirokoku-u.ac.jp
 ページの先頭へ

「平成29年度 全国助産師教育協議会 北海道・東北地区研修会」のご案内

「平成29年度 全国助産師教育協議会 北海道・東北地区研修会」のご案内[2017.7更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 2017年8月20日(日)13 時〜16 時
会場山形市保健センター 大会議室 (霞城セントラルビル 3 階 山形市城南町1−1−1)
スケジュール 12:30 受付
13:00 開会
13:05 全国助産師教育協議会理事会報告 理事 福島裕子
13:15 話題提供「助産教育に子宮頸がん検査を取り入れて見えた課題」
    札幌医科大学助産学専攻科
14:15 休憩
14:30 ワールドカフェ 「助産実習で何を学ぶか」
16:00 閉会
申し込み方法 8月10日までに、件名を「地区研修会申し込み」とし、氏名、所属、職名、電話番号、メールアドレスを、下記に送ってください。
申し込み・問い合わせ先:山形県立保健医療医大学 遠藤恵子 023‐686‐6642 kendo@yachts.ac.jp
 ページの先頭へ

「平成29年度公益社団法人全国助産師教育協議会 九州沖縄地区会議・研修会」のご案内

「平成29年度公益社団法人全国助産師教育協議会 九州沖縄地区会議・研修会」のご案内[2017.7更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 2017年7月29日(土)11:45〜17:25
会場西南女学院大学 6号館 6206講義室
スケジュール 11:45〜12:45 特別講演「支援を要する学生への対応」
13:45〜14:45 教育講義「子宮頸がん発生機序・予防法(ワクチン接種等)」
14:55〜16:55 演習 「子宮頸がん検査法」
16:05〜17:25 分科会
講師 特別講演 『支援を要する学生への対応』
講師:山根正夫先生
西南女学院大学保健福祉学部福祉学科 教授
西南女学院大学・大学短期大学部学生総合支援室 室長

教育講義 『子宮頸がん発生機序・予防法(ワクチン接種など)』
講師:大藏尚文先生
独立行政法人国立病院機構小倉医療センター 統括診療部長

演習 『子宮頸がん検査方法』
講師:大藏尚文先生
独立行政法人国立病院機構小倉医療センター 統括診療部長
申し込み方法 7/14までに伊藤のメールにお知らせください。 Itou_n@seinan-jo.ac.jp
 ページの先頭へ

「平成29年度 全国助産師教育協議会 近畿地区研修会」のご案内

「平成29年度 全国助産師教育協議会 近畿地区研修会」のご案内[2017.7更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 2017年9月2日(土) 13:30~16:30
会場大阪大学 吹田キャンパス コンベンションセンター1階会議室
スケジュール 13:15〜 受付
13:30 開会挨拶 オリエンテーション
13:35〜14:35  「助産師教育の動向と課題、その対応策」 講師:鈴井江三子先生 (大手前大学新学部設置準備室・室長)
14:35〜14:45 休憩
14:45〜15:45 「臨床側から考える効果的な助産実習」 講師:鶴田幸子先生(大阪労災病院・師長補佐) 入江妙子先生(大阪労災病院・助産師)
15:45〜16:30 事例によるグループワーク
16:30 終了
申し込み方法 メールまたはFAXでお願いします
申し込み締切 2017年8月18日(金)
申し込みお問い合わせ 大阪大学医学部保健学科 木内佳織
電話&FAX:06-6879-2537  E-mail:kinouchi@sahs.med.osaka-u.ac.jp
 ページの先頭へ

「2017年度全国助産師教育協議会 関東甲信越地区研修会」のご案内

「2017年度全国助産師教育協議会 関東甲信越地区研修会」のご案内[2017.6更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 2017年8月19日(土) 13:00~16:40
会場埼玉県総合医局機構 地域医療教育センター
埼玉県さいたま新都心1-2
埼玉県立小児医療センター 南玄関側 8階
スケジュール 12:55 平成29年度全国助産師教育協議会 地区別研修会 開会の辞(地区長挨拶)
13:00 子宮頸がん細胞診の検体採取技術が診療補助行して認められた経緯
13:20 講演「子宮頸がんの発生機序と検査方法・結果のフォローアップ」
14:50 休憩・移動
15:10 演習(医師によるデモンストレーションと指導) 1人10分程度
16:10 助産師教育へ導入するにあたり(グループワーク)
質疑応答・意見交換
16:40 閉会の辞
講師 大石時子 先生(高崎健康福祉大学・大学院 教授)
長井智則 先生(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター准教授)
連絡先 埼玉医科大学短期大学専攻科 教授 稲井洋子
電話:049-276-1513(直通) E-mail:uyoko@saitama-med.ac.jp
 ページの先頭へ

平成29年度「特定分野(助産)における保健師助産師看護師実習指導者講習会」のご案内

平成29年度「特定分野(助産)における保健師助産師看護師実習指導者講習会」のご案内[2017.3更新]

〜助産師教育の実習に関わっている皆様へ〜 「学生にわかりやすく伝えたい」 「学生と効果的なカンファレンスをしたい」 「学生の事例のリフレクションを効果的にしたい」 「教育の原理原則を知って指導にあたりたい」 「今どきの学生を理解したい」 このような臨床指導を6日間で系統的に学ぶ講習会です。 多くの皆様の受講をお待ちしております。

 ページの先頭へ

「第42回全国助産師教育協議会研修会」のご案内

「第42回全国助産師教育協議会研修会」のご案内[2017.1更新]

今年度の全国研修会は、テーマを「つなぎ・拓く、教育力アップをめざして」とし、九州・沖縄地区で開催します。
今回の研修は、看護の動きを見据えながら、日々の学生教育に「役立ち、且、さまざまな体験をつなぎながら学べるものをという趣旨で、講師の方々をお招き致します。
学生の学ぶ力をどう引き出すか、教員や臨地指導者の教える力をどう身につけるかを皆様と共に学び、議論を深めたいと思っております。
下記の申込用紙にて、FAXでお申し込みください。
事前申し込みの締切は、2017年2月20日(月)となっております。当日参加も可能です。エクスカーション、懇親会の申し込みもご記載ください。
会場の収容人数の関係上、ご希望は先着順とさせていただきます。

 ページの先頭へ

「〜つながろう!全国の仲間たちと〜」のご案内

〜つながろう!全国の仲間たちと〜のお知らせ[2016.10更新]
全国助産学生交流会&講演会   主催:全国助産師教育協議会 日本助産学会

来る3月17日(金)に徳島にて助産学生交流会が開催されます。講演会あり、企画展示あり、全国の仲間と交流する絶好の機会です。学びや夢を語りあいましょう。また、18日・19日には「第31回日本助産学術集会」が開催されます。皆さんの応募、そして参加をお待ちしています。

 ページの先頭へ

「2016年度全国助産師教育協議会 中部地区総会および研修会」のご案内

「2016年度全国助産師教育協議会 中部地区総会および研修会」のご案内[2016.10更新]

以下の要領にて開催致します。

日時 2016年12月17日(土) 10:00~16:45
会場三重大学医学部看護学科(〒514-8507 三重県津市江戸橋 2-174)
新医学棟(看護学科)3 階 第 3 講義室(307)
スケジュール 【中部地区総会】10:00〜12:00
議題:教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫について
【昼食】 12:00〜13:00
【研修会】 13:00〜16:45
テーマ:産前産後をつなぐ切れ目のない支援
〜助産師のケア能力を高める〜
《スケジュール》
【講演】13:00〜14:30
講師 帝京大学 福岡医療技術学部
教授 平田 伸子先生
内容 地域助産師活動、地域包括ケア、産前産後ケア推進
【休憩】14:30〜14:40
【産後ケア事業報告】14:40〜14:55
講師 鈴鹿医療科学大学 看護学部
教授 國分 真佐代先生
【グループ討議】14:55〜16:05
【発表】16:05〜16:35
【まとめ】16:35〜16:45
 ページの先頭へ

「2016年度全国助産師教育協議会 東京地区研修会」のご案内

「2016年度全国助産師教育協議会 東京地区研修会」のご案内[2016.9更新]

以下の要領にて開催致します。

日時

2016年12月3日(土) 13:00~16:00

会場

上智大学 目白聖母キャンパス 1号館2階208教室

スケジュール 第1部 13:00〜14:30
「助産実践、助産教育に生かす家族社会学の基礎知識」
第2部 14:40〜16:00
教員と臨床指導者との意見交換会
「教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫」
講師

第1部 「助産実践、助産教育に生かす家族社会学の基礎知識」
田渕六郎先生(上智大学総合人間科学部社会学科教授)

連絡先 上智大学総合人間科学部看護学科 助産学専攻科 島田真理恵
e-mail:mshimada@sophia.ac.jp
пF03-3950-6195
 ページの先頭へ

「平成28年度全国助産師教育協議会 中国・四国地区研修会」のご案内

「平成28年度全国助産師教育協議会 中国・四国地区研修会」のご案内[2016.8更新]

「助産師教育の未来を考える」をテーマに開催いたします。

日時 平成28年8月28日(日) 11時30分〜16時00分
会場

高知大学医学部岡豊キャンパス

テーマ 助産師教育の未来を考える
スケジュール

11:00〜受付開始
11:30〜12:30  地区交流会(看護学科棟1階 多目的室)

13:00〜16:00  中国四国地区研修会(看護学科棟2階 保健指導室) 
講師

第一部 「助産師教育を担う人たちへ」    
 宮本政子先生(元 香川県立保健医療大学 教授)
第二部 臨床の立場からのご意見
 高知赤十字病院 助産師
 国立高知病院 助産師

連絡先

高知大学大学院 総合人間自然科学研究科
看護学専攻 母子看護学分野 実践助産学課程 
事務局 担当 赤松恵美  akamatsu_m@kochi-u.ac.jp 088-880-2520(代)

 ページの先頭へ

「平成28年度全国助産師教育協議会 関東甲信越地区研修会」のご案内

「平成28年度全国助産師教育協議会 関東甲信越地区研修会」のご案内[2016.7更新]

「助産師教育カリキュラムにおける 思春期教育の実際」をテーマに開催いたします。

日時 2016年8月20日(土) 13:00〜16:00
会場

帝京平成大学ちはら台キャンパス(千葉県市原市ちはら台西6-19)

テーマ 助産師教育カリキュラムにおける 思春期教育の実際
− 地域との連携に焦点を当てて −
スケジュール

12:30〜 受付
13:00 開会の辞
13:05 『助産師教育カリキュラムにおける思春期教育の実際』 シンポジウム
1.教員の立場から
2.健康福祉センターの立場から
3.養護教諭の立場から
4.助産師学生による思春期教室デモンストレーション
14:25 意見交換
14:35 休憩
14:50 地区別研修会課題検討会(教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫)
16:00 閉会の辞

連絡先 帝京平成大学地域医療学部看護学科 ちはら台キャンパス
地域医療学部 看護学科 教授 大澤 豊子
TEL:0436-74-8948
E-mail:t.osawa@thu.ac.jp
大学のホームページ:http://www.thu.ac.jp/campus/chiharadai.html
 ページの先頭へ

「全国助産師教育協議会 九州沖縄地区会議・研修会」のご案内[2016.7更新]

「教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫」をテーマに開催いたします。

日時 平成28年7月9日(土) 10:00〜17:30
会場

沖縄県立看護大学(那覇市与儀1-24-1)教育管理棟 4階 中講義室

対象者

助産師教育に関わる教員、臨床実習指導者

テーマ 1.子どもの貧困と虐待問題
2.教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫
内容 1.子どもの貧困が大きな社会問題となっていますが、沖縄の子どもの貧困率は全国平均の2倍です。沖縄の子どもの貧困の背景を沖縄子どもの貧困解消ネットワーク共同代表の山内優子先生に講演して頂き、子ども(将来の親)の健やか成長のために貧困を身近な問題として認識し、助産師としてどのような事ができるのか考える機会にしたいと思います。

2.平成26年度に開催された助産師教育コロキアムの報告から、学生の臨床実習には教育側と臨床側両者の適切な指導が重要であり、そのためには教育及び臨床双方の相互理解と連携を強化することの必要性が明かになりました。それをふまえて、今回の会議・研修会では以下のことを計画しています。
臨床と教育の相互理解と連携の強化に向けて」をテーマに3名のパネリストを招聘しパネルディスカッションを行います。パネリストは、1年課程の実習施設から 大城洋子氏 (かみや母と子のクリニック)、学部の実習施設から 榮奈々子氏 (中頭病院)、大学院の実習施設から 清田哲子氏 (福岡 東野産婦人科)で、各々に話題提供をして頂きます。その後の全体ディスカッションで臨床側から見た助産師教育の問題点を明らかにします。また、「教育機関から臨床へシームレスな教育を行うための工夫」をテーマに九州沖縄の助産師教育担当者による意見交換会を行います。
助産師教育について教育側と臨床側の乖離がいわれていますが、それを解消するために臨床側からの問題提起を真摯に受け止めるとともに、教育側の創意工夫も出し合えるような忌憚のない意見交換を行い、臨床側・教育側双方の相互理解が深められることを期待しております。
連絡先 沖縄県立看護大学 母性保健看護・助産 玉城清子
tamashiro@okinawa-nurs.ac.jp
 ページの先頭へ

「全国助産師教育協議会 北海道・東北地区研修会」のご案内[2016.6更新]

助産学実習で施するバースレビュにおけ教育的課題に焦点をあてて実施します。

日時 平成28年8月27日(土)13:00‐16:30
会場

北海道大学 保健科学研究院(札幌市北区北12条西5丁目)6階大会議室

対象者

助産師教育に関わる教員、臨床実習指導者

テーマ 1.助産学実習で実施するバースレビューにおける教育的課題
2.教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫
内容 バースレビュー(お産のふりかえり)は、産後ケアの中でもとても大事な、そして臨床現場で浸透しているケアです。
「助産師の卒業時到達度に関する項目」(厚生労働省)では、「産婦の分娩想起と出産体験理解への支援」が「指導のもとにできるレベル」と示されています。
しかし、助産師基礎教育で、助産師学生がバースレビューを指導のもとに実施できるようになるための教育的関わりやバースレビューを実施するために必要な力、その力がどのように育つのか、という点に関する論議は、十分行われていないように思われます。
そこで、今回は助産学実習で実施するバースレビューにおける教育的課題をテーマに、講演とグループワークを行います。
講演は、東京医科歯科大学 大久保功子先生による「バースレビューについて考える〜話すこと/聴くこと〜」です。
その後、助産教育でのバースレビューの教授法、助産学実習でバースレビューを行う意義や方法、配慮すべき点 などについてディスッカションします。
また、その後「教育から臨床へシームレスな教育を行うための工夫」をテーマに意見交換会をいたします。
助産師教育修了後、スムースに臨床現場へ入っていくことができる助産師教育の工夫について、教員と臨床指導者双方の日頃の取り組みや課題について忌憚のない意見交換ができることを期待しております。
連絡先 北海道大学保健科学研究院 創成看護学分野 藤田和佳子
w_fujita@hs.hokudai.ac.jp
 ページの先頭へ

ファーストステージ研修写真集 [2014.6更新]

ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

平成28年度「特定分野(助産)における保健師助産師看護師実習指導者講習会(6日間コー ス)」のご案内(東京・大阪で開催予定)

平成28年度「特定分野(助産)における保健師助産師看護師実習指導者講習会(6日間コー ス)」のご案内 (東京・大阪で開催予定)[2016.3更新]

助産師教育に携わる実習指導者または将来実習指導者となる予定の者および教員が助産師教育に関する理解を深め、助産学実習における効果的な指導のために必要な知識、技術を修得することを目的にした研修です。「厚生労働省認定の特定分野における保健師助産師看護師実習指導者講習会を修了した」ことの証明書を修了後発行します。
*是非とも貴校の実習施設にもご案内ください。
★東京開催
日程:6 月18 日(土)・19 日(日)・7 月16 日(土)・17 日(日)・ 8 月20 日(土)・21 日(日)
場所:東京都助産師会館 5 階講堂
★大阪開催
日程::6 月25 日(土)・26 日(日)、7 月16 日(土)・17 日(日)・8 月27 日(土)・28 日(日)
場所:大阪府助産師会館 2階研修室

 ページの先頭へ

平成28年度「助産実践能力認証研修」のご案内

平成28年度「助産実践能力認証研修」のご案内[2016.3更新]

平成27年度より日本助産評価機構による助産実践能力習熟段階レベルVの認証が始まりました。認証取得のために必要な研修を東京・大阪の2会場で行ないます。下記の研修を受けることによって、認証申請の ための必須研修、ステップアップ研修の修了書を得ることができます。 多くの皆様の受講をお待ちしております。

7月3日東京会場は定員に達しましたので、申し込みを終了致しました。
またの御応募をお待ち申し上げております。
7月10日大阪会場はまだ若干の余裕がございます

■東京地区(東京都助産師会館)
平成28年7月3日(日)
■大阪地区(大阪府助産師会館)
平成28年7月10日(日)

 ページの先頭へ

「第41回全国助産師教育協議会研修会」のご案内

「第41回全国助産師教育協議会研修会」のご案内[2015.12更新]

専門家の巧みな技を実践の場で人をつなぎ、技をつなぎ、場をつなぎ、学びの輪が広がる研修を目指しています。皆様お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ち申して上げております。
*参加者には「助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)」レベルV認証申請の研修(教育)修了証を交付します。
申し込みは以下のサイトからどうぞ。
https://v3.apollon.nta.co.jp/h27zenkoku/
第41回全国助産師教員協議会全国研修会に学生参加ができます。 2日間で参加費は5,000円です。 手続きはオンライン登録でお願いいたします。

日時 2016年3月5日(土)〜6日(日)10:00〜
会場浜松楽器博物館2階 研修交流センター (浜松市中区中央3-9-1)
対象者 教員・助産師・看護師・医師・学生など
テーマ 人・技・場 つながる力・つなげる力
内容:
3/5(土) 1日目
10:00 受付開始
10:25 オリエンテーション
10:30〜10:45 会長挨拶
10:45〜12:00 特別講演:離島での周産期医療の確立 ―多領域との連携の重要性― (小田切幸平先生 名瀬徳洲会病院 産婦人科部長)
12:00〜13:00

昼食

13:00〜17:00 ワークショップ:ファシリテーション
教育力のskill up、学生のチーム力upの為のファシリテーション力up(日本ファシリテーション協会)
内容:
3/6(日) 2日目
9:30〜10:30 教育講演1:ファミリーセンタードケア (寺部宏美看護師 聖隷浜松病院NICU )
10:30〜11:30 教育講演2:e-learning  (箕浦哲嗣先生 愛知県立大学教授)
11:30〜12:30 昼食
12:30〜14:45 シンポジウム「つながる力を育む」
1. 思いを形にする-最新医療機器の開発  (金山尚裕先生 浜松医科大学教授)
2. 産婦と医療者をつなげる、親子の繋がりを大切にする周産期医療
-オダン先生の考えも含めて- (井上裕美先生 湘南鎌倉総合病院副院長)
3. 家族のルーツ、産後も続く家族とのつながり、つながる魅力(森田玲子助産師 森田助産院)
4. バースセンターの立ち上げに際し、多職種との連携をどのように繋げたか (真野真紀子助産師 名古屋第一赤十字病院 バースセンター長)
14:45〜15:00 次年度当番校の挨拶
閉会
連絡先 聖隷クリストファー大学 助産学専攻科 久保田君枝
E-mail:kimie-k@seirei.ac.jp TEL:053-439-1454
 ページの先頭へ

専門分野別評価の視点を知る −教育機関の第三者評価から− [2016.2更新]

第三者評価の分野別評価については、薬学部をはじめ他学部においても進んでいるところです。助産の分野においては、2008年から日本助産評価機構による教育機関の評価が始まり、これまで天使大学大学院をはじめ、九州医療センター附属福岡看護助産学校が認証を受け、本年度も2校が受審しています。 自校の自己点検評価のためにも、何を評価項目として、どのように評価するのかを知っておくことは必要です。是非ご参加ください。
講師:平澤 美恵子 氏 (日本助産評価機構 理事)
日時:2016年3月5日(土) 17:00〜18:00
会場:浜松楽器博物館4階 404会議室 静岡県浜松市中区中央3−9−1
参加費:無料 軽食あり

 ページの先頭へ

「平成27年度全国助産師教育協議会中部地区研修会」のご案内

「平成27年度全国助産師教育協議会中部地区研修会」のご案内[2015.9更新]

SHIEN学入門:新たな助産師教育を求めて〜新たな関わりの中から組織を変える力となるSHIEN学をまなびましょう。助産実習担当の臨床指導者の皆さんのご参加をお待ちしています〜
月日:2015年10月31日(土)
時間:10時〜12時30分
場所:金沢医科大学医学教育棟 6階大会議室
資料代:500円
※申し込み:パンフレット内のFAX用紙でお申込み下さい。
※申し込み締切:2015年10月9日(金)

 ページの先頭へ

「平成27年度全国助産師教育協議会関東甲信越地区研修会」のご案内

「平成27年度全国助産師教育協議会関東甲信越地区研修会」のご案内[2015.9更新]

助産基礎教育における学校と臨床の連携〜臨床看護教員導入の効果と今後の展望〜
月日:平成27年11月14日(土)
時間:12時受付、12時30分〜16時45分終了(横浜市北部病院解散)
場所:昭和大学保健医療学部 横浜キャンパス104教室

 ページの先頭へ

平成27年度「助産実践能力認証研修」のご案内

平成27年度「助産実践能力認証研修」のご案内[2015.9更新]

平成27年度より日本助産評価機構による助産実践能力習熟段階レベルVの認証が始まりました。認証取得のために必要な研修を東京・大阪の2地区で行ないます。下記の研修を受けることによって、認証申請のための必須研修4項目、ステップアップ研修3項目の修了書を得ることができます。 多くの皆様の受講をお待ちしております。東京と大阪で開催します。

■東京地区(東京都助産師会館)
平成27年12月12日(土)〜13日(日)

■大阪地区(愛仁会看護助産専門学校)
平成28年2月20日(土) 〜21日(日)

 ページの先頭へ

「全国助産師教育協議会東京地区研修会」のご案内

「全国助産師教育協議会東京地区研修会」のご案内[2015.9更新]

助産教育における教授方法の「ラーニングパターン」からの検討を、分娩介助実習前に焦点をあてて実施します。

日時 2015年11月28日(土)10時から17時
会場

東邦大学看護学部第9講義室

講師

井庭 崇 先生(慶應義塾大学総合政策学部准教授)

申込み締め切り 11月16日(月)
連絡先 東邦大学看護学部 松永佳子
E-mail:papermw@med.toho-u.ac.jp  TEL:03-3762-9881
 ページの先頭へ

ファーストステージ研修写真集 [2014.6更新]

ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

「平成27年度全国助産師教育協議会 中国四国地区研修会」のご案内

「平成27年度全国助産師教育協議会 中国四国地区研修会」のご案内[2015.8更新]

平成27年度全国助産師教育協議会 中国四国地区研修会
日程:平成27年8 月29日(土)11時45分〜15時30分
場所:高知大学医学部岡豊キャンパス
テーマ:BLSO・ALSOを助産師教育に活用する

平成27年度「特定分野(助産)における保健師助産師看護師実習指導者講習会(6日間コー ス)」のご案内(東京・大阪で開催予定)

平成27年度「特定分野(助産)における保健師助産師看護師実習指導者講習会(6日間コー ス)」のご案内 (東京・大阪で開催予定)[2015.2更新]

助産師教育に携わる実習指導者または将来実習指導者となる予定の者および教員が助産師 教育に関する理解を深め、助産学実習における効果的な指導のために必要な知識、技術を 修得することを目的にした研修です。現在厚生労働省の認定を申請中です。
*是非とも貴校の実習施設にもご案内ください。
★東京開催
日程:7月4日(土)・5日(日)、8月1日(土)・2日(日) 10月24日(土)・25日(日)
※7月4日より開催東京会場は定員に達しましたので、受付を終了いたします。 多数の御応募を頂き、有難うございました、来年度の御応募をお待ち致します。
※東京会場変更のお知らせ
日本助産師会館が、改修工事に入るため、会場を以下に変更し開講いたします。
7月・8月は東京医療保健大学、住所:東京都品川区東五反田4丁目4-1-17
東京医療保健大学 医療保健学部 五反田キャンパス 本館G206
10月は東京都助産師会館、住所:東京都文京区音羽1-19-18
公益財団法人
東京都助産師会館 5階 講堂
場所:東京医療保健大学・東京都助産師会館
★大阪開催
日程:7月25日(土)・26日(日)、8月29日(土)・30日(日)11月7日(土)・8日(日)
※7月25日より開催大阪会場は定員に達しましたので、受付を終了いたします。多数の御応募を頂き、有難うございました、来年度の御応募をお待ち致します。
場所:大阪府助産師会館 2階研修室

*以下の通知が参考資料となります。

(続報!!)「第40回全国助産師教育協議会研修会」のご案内

(続報!!)第40回全国助産師教育協議会研修会」のご案内 [2014.12更新]

第40回全国助産師教育協議会研修会
日程:平成27年2月28日(土)3月1日(日)
場所:愛仁会看護助産専門学校 6階ホール
   大阪府高槻市古曽部町1-3-33
担当地区:近畿地区
テーマ:学生の学習力、教員の教育力アップを目指して

助産学臨床指導者/専任教員研修会「助産実践能力を高める」

助産学臨床指導者/専任教員研修会「助産実践能力を高める」 [2014.12更新]

日本看護協会から「助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)活用ガイド」が策定さ れ、平成27年にはレベルVの認証が始まります。 今回はその認証申請に必要な6つの研修を、それぞれ第一人者である先生方をお迎えして 東京会場・広島会場にて開催いたします。 この研修は、レベルV認証申請のための修了証を発行します。
※2月11日開催東京会場は定員に達しましたので、受付を終了致しました。
※3月14日開催広島会場は定員に達しましたので、受付を終了致しました。

全国助産師学生交流会 in Tokyo~つながろう!全国の仲間たちと~のお知らせ

全国助産師学生交流会 in Tokyo~つながろう!全国の仲間たちと~のお知らせ [2014.12更新]

来る3月27日(金)に東京にて助産学生交流会が開催されます。講演会あり、企画展示あり、全国の仲間と交流する絶好の機会です。学びや夢を語りあいましょう。また、28日・29日には「第29回日本助産学術集会」が同会場で開催されています。ここでも、「助産師学生の学び場」という企画を用意しています。皆さんの応募、そして参加をお待ちしています。

平成26年ファーストステージ研修特別講義(公開講座)のご案内

平成26年ファーストステージ研修特別講義(公開講座)のご案内 [2014.10更新]

締め切りは1月6日(火)迄です。
(1)ご氏名、(2)ご所属、(3)ご連絡先、を明記の上、事務局メールもしくは、以下の詳細内FAXにてお申し込みをお願いします。

「平成26年度助産学臨床指導者および専任教員研修」のご案内

平成26年度「助産学臨床指導者および専任教育研修」募集のご案内 [2014.6更新]

締め切りは7月15日(火)迄です。
(1)ご氏名、(2)ご連絡先、(3)専任教員または臨床指導者のいずれであるか、を明記の上、事務局メールでお申し込みをお願いします。

ファーストステージ研修

【平成29年度(第5期生):東京】
【平成28年度(第4期生):大阪】


【平成27年度(第3期生):大阪】
【平成26年度(第2期生):東京】 【平成25年度(第1期生):東京】
ページの先頭へ

平成28年度「助産師教育ファーストステージ研修」募集のご案内 [2015.12更新]

第4回目を迎えるファーストステージ研修の平成28年度募集要項を掲載します。1年間、助産師教育のことを学び、仲間でディスカッションする学びの楽しさを味わって下さい。

ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

平成27年度「助産師教育ファーストステージ研修」募集のご案内 [2014.12更新]

第3回目を迎えるファーストステージ研修の平成27年度募集要項を掲載します。時期は昨年度と同時期での設定ですが、今回は場所を変えて、大阪にて開催となります。 1年間、助産師教育のことを学び、仲間でディスカッションする学びの楽しさを味わって下さい。

ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

平成26年度「助産師教育ファーストステージ研修」募集のご案内 [2014.6更新]

平成25度から開講されました、ファーストステージ研修の平成26年度募集要項を掲載します。時期は、受講生の方々のご意見をお聞きしつつ、平成25年度とほぼ同時期に設定しております。
1年間、助産師教育のことを学び、仲間でディスカッションする学びの楽しさを味わって下さい。

日時 平成26年度5月16日(金)〜平成27年3月24日(火)
会場日本助産師会館 2階 研修室 1
対象者助産師教育に関わる、専門学校及び、短期大学・大学・大学院の若手教員(教員歴3年程度まで)ならびに臨床指導者
目的助産師教育に携わる若手の教員や臨床指導者が、助産実践力を基盤にし、助産観と教育観に裏付けられた教育力を養うこと。
内容ファーストステージ研修10単位 330時間
科目履修も可能
連絡先公益社団法人全国助産師教育協議会事務局
TEL:03-3866-3017 (火・木 事務局在室)
ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

ファーストステージ研修写真集 [2014.6更新]

ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

平成25年度「助産師教育ファーストステージ研修」募集のご案内 [2013.3更新]

「助産師教育ファーストステージ研修」とは、平成25年度より開始される助産教育に必要なエッセンスを10単位にまとめた本協議会主催の研修です。対象は、助産師教員(教育歴3年程度まで)や臨床指導者となっています。詳細については、募集要項をご覧になり、申込書をダウンロードしてお申し込みください。是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

詳細

ファーストステージ一覧 ページの先頭へ

専門分野別評価の視点を知る −教育機関の第三者評価から− [2016.2更新]

第三者評価の分野別評価については、薬学部をはじめ他学部においても進んでいるところです。助産の分野においては、2008年から日本助産評価機構による教育機関の評価が始まり、これまで天使大学大学院をはじめ、九州医療センター附属福岡看護助産学校が認証を受け、本年度も2校が受審しています。 自校の自己点検評価のためにも、何を評価項目として、どのように評価するのかを知っておくことは必要です。是非ご参加ください。
講師:平澤 美恵子 氏 (日本助産評価機構 理事)
日時:2016年3月5日(土) 17:00〜18:00
会場:浜松楽器博物館4階 404会議室 静岡県浜松市中区中央3−9−1
参加費:無料 軽食あり

 ページの先頭へ