トップ > 本会の活動 > 社会貢献活動

社会貢献活動

社会貢献委員会からのお知らせ【令和2年7月豪雨関連】

今般、全国各地に被害をもたらした梅雨前線による豪雨は、令和2年7月14日付、政令に基づき「令和2年7月豪雨」として「特定非常災害」に指定されました。
全国助産師教育協議会機関会員校の皆様におかれましても被災され、支援が必要な状況が発生しているのではと懸念しているところです。
そのような折に大変恐縮ではございますが、被災状況及び必要な支援内容を所定のフォーマットにてご連絡頂ければ幸いです。
また、被災地周辺の方で助産師教育機関の被災情報を得られた場合もご一報下されば、社会貢献委員会から改めまして連絡させて頂きます。
コロナウィルス感染症の影響で通常通りの教育体制が整わない中、お手数とは存じますが、ご協力のほど何卒、よろしくお願い申し上げます。

【災害支援情報シートの提出先】
全国助産師教育協議会事務局 E-mail zenjomid.1965@car.ocn.ne.jp

令和2年7月 社会貢献委員会

ページの先頭へ


2019年:台風等に関する被災状況概要

2019年、内閣府が指定した激甚災害は風水害が主体で、震災は認められませんでした。夏から秋にかけて日本には約16個の台風が接近し、そのうち5個が上陸致しました。上陸した数としては昨年並みですが、一つ一つの規模は大きいものでした。殊に台風19号は、広域かつ甚大な被害をもたらし、少なからず皆様方の生活にも影響があったことと拝察しております。
先般、本協議会の機関会員校の皆様に各校の被災状況に関する情報提供をお願い致しました。御多用にもかかわらず御協力いただき感謝申しあげます。まとめにいささか時間をいただきましたが、別紙のとおり概要を報告させていただきます。情報収集の方法に関しましても貴重な御示唆をいただいております。
今後、より負担の少ない方法で情報収集に努めるとともに、教育の継続に支障をきたしている教育機関を把握した場合には、支援に努められるよう継続的に検討していく所存です。今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

全国助産師教育協議会 社会貢献委員会

ページの先頭へ


台風19号被災の皆様にお見舞い申し上げます。

このたびの台風19号で被災された皆様、ご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
皆様におかれましては、一刻も早くご安心できますようお祈り申し上げます。
被災地の助産師教育環境等において、協力出来ることがございましたらお知らせ下さい。
及ばずながらお力になれればと存じます。
たいへんなご事態に、ご苦労も多いこととは存じますが皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

令和元年10月15日
全国助産師教育協議会 会長 村上 明美

ページの先頭へ


災害時の支援情報

災害支援(女性・子ども関連)に関する情報です。

・災害時の乳幼児栄養に関する指針 改訂版 (母乳育児支援連絡協議会)
・災害時の乳幼児栄養・母乳育児支援情報 (日本ラクテーション・コンサルタント協会)
・IFE作成「災害時における乳幼児の栄養〜災害救援スタッフと管理者のための活動の手引き」(日本語訳 28p PDF)
・避難所の女性が健康に過ごすための工夫点
・避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント(厚生労働省)
・災害支援活動(日本助産師会)
・小児に対する避難所支援において参考となる資料集(日本小児科学会)

災害支援(一般)に関する情報です。

・災害支援に関する各種ガイドライン(東日本大震災支援全国ネットワーク)
・災害看護に関する情報(日本災害看護学会)

ボランティアに参加される方へ

・ボランティアをされる方へ(全社協:災害ボランティア活動支援プロジェクト会議)
・災害時のボランティア活動の基本的な注意事項(全国社会福祉協議会)

災害に関連した連絡

平成30年北海道胆振東部地震よる災害により 被災した妊産婦及び乳幼児等に対する支援のポイント について(厚生労働省)
・医療機関等における雇用調整雇用金を活用した雇用維持について(厚生労働省)

ページの先頭へ

「平成30年7月豪雨」および「北海道胆振東部地震」に関する社会貢献委員会 活動概要のご報告

 7月5日からの西日本の広範囲における豪雨「平成30年7月豪雨」、さらに9月6日未明の北海道胆振東部地方での最大震度7の地震では、あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されました方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 本会では激甚災害として指定された後に、それぞれ7月25日、10月1日から各地区の地区長の先生方にご協力頂き、被災状況について情報収集を行っております。会員の皆様には大変な状況の中、協力して頂いた方もいらっしゃると思いますが、貴重な意見を頂き情報を共有することができ厚く感謝申し上げます。本会としましては、できるだけ負担のかからないよう、災害時には被災状況を把握し今後の支援活動について検討していきます。情報収集した内容は、地区内の会員校や周辺地区の地区長の先生方との連携にぜひ活用して頂ければと思います。
 「平成30年7月豪雨」および「北海道胆振東部地震」に関する社会貢献委員会 活動概要としてまとめましたのでご報告させて頂きます。その他、「災害時の支援情報」についてもご参照ください。

2018年12月26日
公益社団法人全国助産師教育協議会 社会貢献委員会

ページの先頭へ

熊本地震災害義援金のご報告とお礼

 平成28年4月26日から9月22日までの間ご協力をお願いしておりました、「熊本地震災害義援金」募金活動につきましては,多くの会員校、個人会員の皆さまから多大なるご厚意をいただき,誠にありがとうございました。
 皆さまからお預かりしました義援金総額159,963円を被災された方々にお送りする手続きをしておりますので,ご報告いたします。
 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げますとともに,ご協力いただきました皆さまに心よりお礼申し上げます。

全国助産師教育協議会
会長 井村 真澄

ページの先頭へ