トップ > 助産師教育関連情報 > 通達・報告書・お知らせ

通達・報告書・お知らせ

ページの先頭へ

[2015.2] 厚労省 医政局からの通知:保健師助産師看護師実習指導者講習会の実施要綱について

厚労省 医局から、保健師助産師看護師実習指導者講習会の実施要項の通達がありましたので、お知らせ致します。

ページの先頭へ

[2014.12] 助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)時に使用するポートフォリオ(ダウンロード可)

助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルVの認証が平成27年8月より始まります。学生が就職後記入できるポートフォリオを紹介ください。Wordで書き込めるようになっています。

ページの先頭へ

[2014.7] 産科医療補償制度の一部改訂に伴う周知について(H26.7.17発行)

厚生労働省医政局より産科医療補償制度の一部改訂に伴う周知につきまして通知がありましたので、お知らせいたします。

ページの先頭へ

[2014.7] 第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学学術集会(2015.7.20-22パシフィコ横浜)の演題募集開始

第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学学術集会(2015.7.20-22パシフィコ横浜)の演題募集が始まりました。

ページの先頭へ

[2014.3] 厚生労働省:新人看護職員研修ガイドラインの見直しに関する検討会報告書

厚生労働省医政局から、「新人看護職員研修ガイドラインの見直しに関する検討会報告書」が公表されました。

なお、上記の報告書は厚労省のホームページに掲載されていますのでご参照ください。
宜しくお願いします。

ページの先頭へ

[2014.3] 厚生労働省:都道府県保健師助産師看護師実習指導者講習会のeラーニングの活用について

厚生労働省医政局より都道府県保健師助産師看護師実習指導者講習会のeラーニングの活用について通知がありましたので、お知らせいたします。

ページの先頭へ

[2013.12] ICM基本文書(Model Curriculum Outlines for Professional Midwifery Education 2012)について

2012年に採択されたICM基本文書(Model Curriculum Outlines for Professional Midwifery Education 2012)とその和訳「専門職としての助産師教育のためのモデルカリキュラムの概要2012年」です。これは、(公社)日本看護協会、(公社)日本助産師会、(一社)日本助産学会、(公社)全国助産師教育協議会によって翻訳されたものです。

英語タイトル日本語タイトル
Model Curriculum Outlines for Professional Midwifery Education 2012(PDF:154KB)専門職としての助産師教育のためのモデルカリキュラムの概要2012(PDF:245KB)
Resource Packet #1(PDF:596KB)リソースパケットその1(PDF:706KB)
Resource Packet #2(PDF:987KB)リソースパケットその2(PDF:1.87MB)
Resource Packet #3(PDF:168KB)リソースパケットその3(PDF:391KB)
Resource Packet #4(PDF:883KB)リソースパケットその4(PDF:956KB)
Feedback Instrument 2012(PDF:354KB)フィードバック用フォーム2012年(PDF:274KB)
ページの先頭へ

[2013.7] 『学生によるオレンジリボン運動』の実施についての依頼

このたび、厚生労働省雇用均等・児童家庭局 より『学生によるオレンジリボン運動』の実施についての依頼を受けました。今年度は、母子のケアにもっとも身近な助産師専攻の学生に実施していただきたいとの強い要望がございました。
ご多忙の中、また、御無理な期間設定で恐縮でございますが、どうぞよろしくお願いいたします。
実施可能な学校につきましては、添付ファイルの【別紙様式】実施予定校登録様式を開き、必要事項をご記入の上8月1日までに全国助産師教育協議会 事務局まで、お返事いただきたいと考えております。

8月2日中に厚生労働省に返事をいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

 

担当理事         高橋  順子
社会貢献委員会:委員長  宮ア みち子

詳細

ページの先頭へ

[2013.2 更新] ICM大会 inプラハ2014 (2014.6.1-6.5開催)
アブストラクト(抄録)募集中(締め切りは3月29日に延長されました!)

2014年に開催される第30回ICM大会inプラハの抄録募集のアナウンスがされています。締め切りは今年2013年3月29日までとなっていますので、皆様にご案内します。ICM Presidentである Frances Day-Stirkさんからのメッセージも是非ご覧ください。

詳細

ページの先頭へ

[2012.12] 産科医療補償制度 再発防止委員会からの提言

産科医療補償制度再発防止委員会より提言が送付されて参りました。
日々の助産ケアや助産教育にご活用くださいとのことです。

詳細

関連リンク:各種報告、議事録をご覧になりたい場合

ページの先頭へ

[2012.12] 「早期母子接触」実施の留意点について

「正期産新生児の出生直後に実施する母子の皮膚接触」について2012年10月に新生児医療関連の8つの学会・団体が連名で「『早期母子接触』実施の留意点」といった文書が公表されました。用語の定義や実施上の留意点がまとめられていますので、日々の助産ケアや助産教育にご活用くださいとのことです。

ページの先頭へ

[2011.2] 助産所実習費用に関する集計結果

ページの先頭へ

[2010.10] 厚生労働省:第6回 看護教育の内容と方法に関する検討会議事次第

ページの先頭へ

[2010.6] 厚生労働省:看護の質の向上と確保に関する検討会中間とりまとめについて

看護の質の向上と確保に関する検討会中間とりまとめについて掲載されています。参考にされてください。

ページの先頭へ

[2010.6] 厚生労働省:今後の看護教員のあり方に関する検討会報告書について

今後の看護教員のあり方に関する検討会報告書が出されています。参考にされてください。

ページの先頭へ

[2010.6] NICUに入院した新生児のための 母乳育児支援ガイドライン

一般社団法人日本助産学会より「NICUに入院した新生児のための 母乳育児支援ガイドライン(解説編)」が出されました。日本助産学会のホームページにアップされています。

ページの先頭へ

[2010.6] 産科医療補償制度、平成21年より開始

産科医療補償制度が平成21年より開始されました。産科医療補償制度のホームページに概要や模擬部会において取りまとめた仮想事例の原因分析報告書、産科医療保障制度の動向、原因分析の実施状況について掲載されています。

ページの先頭へ